見出し画像

世界で戦う「3x3」プレイヤー社員とは!?


蝶理では、学生時代スポーツに注力していた社員が沢山います(ちなみに私は運動音痴です!)。今回は、3x3(3人制)のバスケットボールチーム「UTSUNOMIYA BREX」に所属する繊維原料部の仲西さんを紹介します。なんと、同チームは2月に行われた「第9回3x3日本選手権大会」で優勝しました!会社員とスポーツ選手、両立の秘訣を聞いてみました。

仲西さん

―――優勝、おめでとうございます!

ありがとうございます。私が所属しているUTSUNOMIYA BREXは過去この大会を2連覇している強豪ですが、2023シーズンは他大会であまりいい結果を出せておらず、苦しいシーズンでした。今回、最後に日本一の成績を収めることができ、本当に嬉しく思います!「Masters」 と呼ばれる世界大会出場の権利も獲得できました。

チームメンバーと

―――バスケを始めたきっかけを教えてください!

元々サッカー部に所属していたのですが、友人に誘われて小学3年生の時に転部しました。3x3は、2018年から本格的に競技しています。
3人制は5人制バスケと基本的なルールは同じですが、人数が少なくなる分、運動量など1人当たりの負荷・責任が大きくなります。得点は、3Pは2点、2Pは1点となり、10分1本勝負or21点先取で試合終了となります。攻守の切り替えが早くスピーディーな試合展開や21点を取れば終わりという緊張感が見ている人にも分かりやすく伝わるため、楽しんで観戦していただける競技だと思います。
今はこの3x3と、会社の5人制チームの2つを続けています。実は蝶理のバスケットボール部は1952年に結成し、1957年には大阪実業団6部リーグに登録し、5年後に1部リーグへ昇格したという70年以上の長い歴史を持っています。

―――2023年3月にシンガポールで開催された大会では、日本代表として出場されましたね。

はい、選考合宿の参加者は、私以外5人制・3人制のプロ選手ばかりで、会社員の私が最後まで残れると思っておらず、驚きました。試合当日は緊張するだろうなと思っていましたが、普段通り楽しくプレーできました。社内の会議室でパブリックビューイングを企画していただき、沢山の写真や応援メッセージをもらい、大変嬉しく思いました。試合が始まる前に拝見し、力が湧きました。

社長も応援!

―――会社員と選手を両立する上で大変なこと、工夫していることはありますか?

練習は、土日以外では、火曜日か水曜日の夜21:00〜23:00で行っています。会食や出張で参加できない時は、朝活の時間を作って個人でトレーニングするようにしています。夜遅くまで練習してもしっかりケアして、ビタミン・たんぱく質を取って寝れば、翌朝はスッキリ迎えられます。土日の遠征などでハードな試合が続いた月曜日の朝は体が辛いです。

―――UTSUNOMIYA BREXはどんなチームですか?

昨年10月頃、それまで所属していたNINJA AIRSからUTSUNOMIYA BREXに移籍しました。比江島選手などが所属している宇都宮ブレックスと同じ母体で、とてもありがたい環境が整っています。UTSUNOMIYA BREXは、外国人契約選手などもおり、海外での大会にも年間で10~20回参加する、世界一を目指して活動するチームです。身体が衰える前に、この環境でチャレンジすることが夢でした。

4月から2024年シーズンが始まりますので、日本3大大会での優勝と、仕事と家庭の都合がつく限り、World Tour にも数回参加したいと思っています。アジアで開催される大会は、金曜日:移動 土日:試合 月曜日:移動となります。タイトなスケジュールである一方、仕事面では休む期間が短くなり、ありがたいです。

―――今後の抱負を教えてください!

一番の抱負は仕事・家庭・バスケの両立です。どれか1つが疎かになると、継続できないし、応援してもらえなくなると思っています。仕事でもバスケでも「世界で戦うサラリーマン」を続けられるようすべて全力で取り組みます!!

上長から仲西さんへのエール

仲西さんが所属する繊維原料部の山田部長に応援コメントをいただきました。

シンガポールでの世界大会参加に続き、今回の日本選手権での優勝おめでとう!休暇を取ってシンガポールに行くときに「山田部長・・・・・バスケがしたいです」と話があったことを思い出します。宇都宮のトップチームに移籍してからは、平日は仕事、週末に関東まで通い練習や試合に出場する日々と大変だと思いますが、今だからできることをやり遂げてください。次はパリですね。頼んだぞ!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!