見出し画像

若手営業社員座談会 (前半)~仕事内容編~

先日蝶理主催で行いました、オンラインイベントにて「若手営業社員座談会」を開催しました。当日はここでは書き切れない、ホンネの話などもあり大盛況でした!その一部をみなさんにご紹介したいと思います。


1.登壇者 プロフィール

営業社員:繊維本部  入社2年目 清水さん 
営業社員:化学品本部 入社4年目 今関さん 
採用担当:岡山さん、真柄さん プロフィールこちら↓

2.ビジネスの流れ 繊維本部編 営業社員:入社2年目 清水さん

繊維本部に配属された清水さん、学生から服が好き!という理由と、海外で活躍したい、できれば駐在したい!という思いから就職活動はグローバル×繊維商社に絞って活動していました。応募は繊維商社10社未満と業界も絞り就職活動をしたタイプでした!その中でも、第一志望の蝶理に入社し今年2年目としてスポーツウェアを取り扱う営業として活躍しています。

清水さんプロフィール

お客様に対して様々な提案ができる営業になる

清水さん:蝶理では若手から大きな裁量をもって働けるので、業務内容は下記図の通り1から10まですべて私を中心に業務が進みます。日頃から情報収集を大切にしおり、例えば街中で歩く人々の服装をチェックすることはもちろん、その年齢層や、ファッションの傾向をみてトレンドをチェック。SNSや、ECサイトでどんな商品が人気であるかも頭に入れたうえでお客様に新しい提案をする、そんな営業になるのが次のステージだと思っています。

私の仕事はファッションのトレンドを創ること

清水さん:お客様と伴走する仕事だと思っています。お客様からお願いされたことをただ実行するのではなく、お客様の商品を購入する年齢層のトレンドを踏まえた生地や機能を自ら提案をする。今だと来年の春の提案をすることになるので、次のトレンドを創るということも意識しています。
また、当社主催の製品展示会も行うため、来訪に向けたサンプル作成のため、連携している中国の工場に品質や納期の連絡をとっています。国内外問わずその他にも対応をしています。 

3.ビジネスの流れ 化学品本部編 営業社員:入社4年目 今関さん 

化学品本部の今関さんは、学生の頃『企業の安定性』と、『社風』を軸に就職活動をしたそうです。例えば不景気の波が来たとしても、蝶理では繊維・化学品・機械それぞれの事業の柱がしっかりとしており安定性に魅力を感じました。加えて、座談会で会った蝶理社員とフィーリングが合う。他の企業では既存ビジネスをいかに拡販するかという会話が多かった一方、蝶理では新しいことに挑戦する姿勢が会話の中で多く、自分の挑戦したい志向と合っている、と感じたとのことです。

今関さんプロフィール

新規ビジネス創出を後押しする風土

今関さん:既存ビジネスだけではない、新しいことを始めることが求められていると感じます。入社前に感じた「蝶理社員は新しいことに挑戦している」は、まさに入社後も変わらない蝶理らしさでした。
既存のお客様でも新しい商材を提案することや、新しいサプライヤーに新規取引を提案するなど、日々何か新しいことをできないかと、自分で裁量をもって仕事をすることに面白みを感じています。

国内・海外問わず、ビジネスチャンスをつかむ

現在は海外のお客様からのの問い合わせ対応や、海外との新しいコネクションや新規ビジネスを模索する日々を送っています。もちろん国内でも新規ビジネス創出に向けて、必ず毎日専門誌を読み、業界のトレンドを把握します。例えばお客様の業界でピックアップされたニュースがあれば、どんな原料の需要が伸びているのか、などを会話しビジネスチャンスを探しています。今まさに狙っている市場は、次世代電池の市場。まだ世の中に出回っていない商品の開発に必要な情報収をしています。

今回登壇した二人の、『就職活動でこれはやってよかったことは?』とイベント当日の質疑応答『Q&Aにお答えします!』のコンテンツは、後半の若手社員座談会 (後半)~就活アドバイス編~ へ続きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――▼蝶理のマイページはこちらから▼
セミナー情報も随時更新しています!
蝶理株式会社 新卒採用マイページ (i-webs.jp)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!